×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―――――――――――――― 風の伝説ザナドゥ ストーリーダイジェスト ――――――――――――――


序章 逃亡・さいはての島
モンスター討伐の最中ダイモスとはぐれたアリオスは、紫の髪の男によってイシュタリア最果ての島イクティア島へ送られてしまう。イクティアにはポルダ村とカシス村があり、互いの村では村民ぐるみで対立していた。アリオスはひょんなことから、村の対立に巻き込まれてしまう。





第1章 再会・そしてめぐり逢い
シスターの力でマクリア国ドクサ自治区へ到着したアリオス。町ではドクサの実力者ビカラの屋敷へ忍び込むという予告状を出した盗賊リュコスの噂で持ちきりになっていた。リュコスの疑いをかけられるアリオスだが、ひょんなことから出会った青年ヴォルフとシスターの口添えもあり無実が立証。事情を聞いたヴォルフは、アリオスのため船を手に入れると言う。だが、ヴォルフが船を盗み出すつもりなのを知ったアリオスはきっぱりと断る。それを聞いてヴォルフがとった行動とは・・・。





第2章 勝利・しかしその時…
リュコスを仲間に加え、ダイモスを助け出したアリオスは、マクリア国マクリア王直轄地に到着する。兵を借りにマクリア城へ向かう一行。マクリア城でゼナ将軍と再会したものの、あいにくアルコン王は病気で謁見できないと言う。
マイム村長とモレノ宰相の助力で、やっとアルコン王の謁見が許されたアリオスだったが・・・。





第3章 異変・黒い光
カコースを倒し、王都への帰途についたアリオスたちだったが、その途中不気味なモヤを見かける。気になったアリオスたちはモヤの見えたミデニア国ボラース地区へ調査に向かう。ミデニア国ボラース地区のビスキオ村では、イエティたちが突然凶暴化したと大騒ぎになっていた。ダイモスとリュコスを村の護衛に残し、アリオスは単身イエティの村に向かう。イエティの長老の話によると、イエティには正常なものとそうではないものがいて、外にいたイエティたちだけが突然凶暴化したという。行方不明になった子供たちを捜すアリオスは、ひょんなことから出会った魔法使いの少女ピュラーから、邪竜ダルダンディスが復活し、王都がモンスターによって占拠されたことを聞かされる。





第4章 伝説・湖の邪神
リュコスに王都の様子を調べるよう頼んだアリオスたちは、ピュラーとアルゴスを伴い、ミデニア国アイマ地区へと辿り着いた。アイマ地区では、千年ぶりに復活した眠り病が流行っていた。女神トゥーンの神女ヘルガが言うには、眠り病は女神トゥーンがもたらしたものであるという。しかし、その眠り病流行の裏にはモンスターの影が・・・。果たして眠り病とは?女神トゥーンの正体とは・・・。





第5章 悪夢・幻惑の洞窟
トゥーンを倒し、王都のすぐ隣にあるミデニア国カトゼス地区へやって来たアリオスたち。ヘルガにアリオスへの想いを指摘され、ピュラーは次第にアリオスを意識するようになる。単身王都へ向かったリュコスの後を追う一行の前に、再び紫の髪の男が現れる。男の名はヌース。ダイモスの親友であり、かつてイシュタリアの王軍の軍師を務めていた男だった。ヌースからパルティアに伝わる『風の伝説』、そして自分に課せられた使命を聞かされたアリオスは・・・。





第6章 聖地・パルティア神殿
リュコスから王都の惨状を聞いたアリオスは、邪竜を倒す手がかりを得るためにパルティアに赴く。パルティアに転送されたアリオスたちはマザーたちシスターに迎えられる。マザーはソフィア様の予知によって、アリオスたちの来訪を知らされたと話す。パルティア神殿には女性しか入れない決まりから、ダイモスとヌース、そして文句たらたらなリュコスを残し、アリオスとピュラー、アルゴスはパルティア神殿に向かう。途中、アリオスたちは重傷の女性を助ける。女性の名はプロスタ。パルティア神殿の神官だった。プロスタからパルティア神殿にモンスターが攻め込み、ソフィア様が囚われてしまったと聞かされたアリオスたちは急いでパルティア神殿へ向かうのだが・・・。





第7章 聖剣・ドラゴンスレイヤー
パルティア神殿に侵入した謎の男が求めていたという、聖剣ドラゴンスレイヤーを求めて、ギムノスを訪れたアリオスたち。ピュラーの魔法の師匠であり、ドラゴンスレイヤーのことを知る大賢者エナスの家を訪れたアリオスに、先に到着していたピュラーが泣きついてくる。どうやらエナスは何者かを倒すために置き手紙を残したまま行方不明だという。育ての親であり、実の祖父のように慕っていたエナスの行方を心配するピュラーだったが、アリオスの一言に怒って飛び出していってしまう。果たしてエナスの行方は・・・?





第8章 鼓動・氷雪を越えて
ドラゴンスレイヤーと共にジードに連れさらわれたソフィア様の行方を探すため、リュコスとアルゴス、そしてソフィア様の危機を察して駆けつけたメディアを伴い、アリオスはギムノス国ダクル地区へ辿り着いた。メディアの話ではソフィア様とはいつも思念波を交わし合っているが、この地区では何者かの妨害を受けている感じがすると言う。ソフィア様の行方を探そうとするアリオスたちだが、町では人攫いの噂で持ちきりで、許可証がないと町から出られないという有様。ひょんなことから、アリオスは酒場で出会った商人にマジックビジョンを薦められる。なんとそのマジックビジョンにはソフィア様の姿が映っていた・・・。





第9章 幻想・砂漠を渡る鳥
ソフィア様を救出し、ドラゴンスレイヤーを取り戻したアリオスたちは、かげろうの町があるというエレミア国に到着し、ラマバードの都でダイモスたちと合流する。そこでかげろうの町の手がかりを探す一行。果たしてかげろうの町は存在するのか?





第10章 運命・勇者の条件
かげろうの町に転送されたアリオスとソフィア様。四風神と出会い、ドラゴンスレイヤーを真のものにしようとする矢先に、かげろうの町にモンスターが攻め込んでくる。そして意外な人物との再会とその正体・・・。かげろうの町に攻め込んだジードとの戦いに決着がついたとき、ソフィア様の宿命が明かされる・・・。





終章 死闘・邪神ダルダンティス
ソフィア様の尊い犠牲により、真に覚醒したドラゴンスレイヤー。その剣を手に、王都に辿り着いたアリオス。襲いくるモンスターたちを倒し、王都の塔を突き進むアリオスは、最上階でついに邪竜ダルダンディスと対峙する。ダルダンディスの脅威から世界を守るため、アリオスの最後の戦いが始まろうとしていた・・・。


エンディングはこちら










※このページで使用している画像の著作権はすべて日本ファルコム株式会社に属します。
※当サイトの画像の無断転載・配布は禁止です。