×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―――――――― 風の伝説ザナドゥU ストーリーダイジェスト ――――――――


序章 新世界への誘い
三年ぶりに王都を訪れたアリオスとダイモスは、イシュタリアの宰相となったヌースからリュコスが新大陸へ向かったまま行方不明だということを知らされる。リュコスの行方を捜して、新大陸へ向かうことになったアリオスとダイモス。カローンの小島に上陸した二人は座礁したリュコスの船・レアメルド号を発見する。モンスターが徘徊する幽霊船と化し、荒れ果てた船内で二人が見たものは・・・。



第1章 喪失の神話
嵐に巻き込まれて海に落ちてしまったアリオスは、ラザンの港町に流れ着いたところを黒い甲冑をまとった謎の騎士に助けられた。ラザンの港町を探索するアリオスは、水竜亭という酒場でリュコスと再会する。モンスターの襲撃を受け海に落ちたリュコスはラザンの港町に流れ着き、酒場の歌姫メルティナに助けられて、今日までメルティナの家で世話になっていたのだと言う。アリオスが迎えに来た事で彼と旅立つ決意をするリュコスだったが、リュコスを愛するようになっていたメルティナは彼との別れを悲しみ嘆く。そんなメルティナに再会を約束し、リュコスはアリオスと旅立つ。ダイモスとも合流した一行は砂漠へと向かう。そこで太古の遺跡を見つけるのだが・・・。



第2章 道なき森の驚異
リュコスが手に入れた宝石と遺跡で手に入れた宝石。これらの謎を解明すべく、しばらくアシュナールに留まり調査することにしたアリオスたち。森を進む一行の前に現れたのは、アリオスを助けた黒い甲冑をまとった騎士・・・黒騎士だった。黒騎士は森の奥にあるハウアーの神殿に向かうよう言い残し去っていった。だが、ハウアー神殿は今やモンスターの巣窟と化していた・・・。



第3章 知られざる眠り
ハウアー神殿の奥で新たな宝石を手にいれ、モンスターに捕まっていたピュラーを救い出したアリオスは、ラザンの港町へ戻る。ピュラーはメルティナの存在を知り興味津々。メルティナはリュコスとの再会を喜び、戻ってきたアリオスたちを暖かく迎え入れた。そんな折、アリオスたちは再び黒騎士と再会する。黒騎士はランディスと名乗り、アリオスたちと行動を共にすることになった。ランディスを仲間に加えたアリオスたちはラザンの地下遺跡へと向かうのだが・・・。




第4章 閉ざされし山々
ランディスはアリオスたちの持つ宝石の秘密を話す。それは『7つの魂』といい、世界の運命を左右する代物であること、それを狙っている者がいるということを説明する。ランディスの言葉を信じることにしたアリオスは次の宝石を求めて、宝石が安置されているファグス山を目指して、エクトラの町を訪れる。ファグス山の頂上に辿り着いたアリオスたちは意外な人物と再会する・・・・。



第5章 緑衣の竜騎士
ファグス山の山頂でアリオスを待っていたのは、ソフィア様の力でアシュナールへ転送されたメディア。そして、メルティナを人質に連れたマーカストという騎士だった。
マーカストはメルティナを救おうとしたリュコスに重傷を負わせ、『7つの魂』の宝石とメディアが持ってきたドラゴンスレイヤーを奪った。
ランディスの隠れ家があるミレーナの町に辿り着いたアリオスたちだが、重傷のリュコスの傷は深く、このままでは命すら危うい状態に陥る。
『ソフィア様がいらっしゃれば、女神イシュタル様の力で傷を治すことができるのに』と言うメディアの言葉に、ランディスが反応する。『大陸では女神を信仰している者はほとんどいないが、昔ごく少数の者が女神イシュタルを信仰していて、イシュタルを奉る水晶宮がある』と。そこへ行けば、イシュタルの加護を得られるかもしれない。
同時にランディスから彼とマーカストの過去が語られる。ランディスはミレーナの町を守る『ゴートランド騎士団』の隊長で、マーカストと共にこの町を守っていたこと。三年前ゴートランドの採掘場で『7つの魂』の一つが発掘されたために、ミレーナの町が暗黒の島の軍勢に攻められたこと。マーカストの裏切りによってゴートランド騎士団は敗れ、ミレーナの町は壊滅してしまったことを・・・。
ランディスはリュコスが回復するまでの間、時間稼ぎをするためにゴートランド騎士団の仲間と共に敵の本拠地へと向かう。ランディスと別れたアリオスは重傷のリュコスを救うため、一緒に行くと志願するメルティナを伴い、イシュタルを奉る水晶宮へと向かう。リュコスを救いたいというメルティナの祈りはイシュタルを来臨させることはできるのか・・・。



第6章 暗黒の島へ
イシュタルの力を得たメルティナによって、リュコスは一命を取りとめた。回復したリュコスはアリオスと敵の本拠地である暗黒の島レグナス島へ乗り込む決意をする。メルティナはそんなリュコスの身を案じ、彼と行動を共にすることにした。メルティナを仲間に加えた一行は、ランディスたちを追い、暗黒の島へ乗り込むべく、海底洞窟を進む。その奥でアリオスたちが出会ったのは、仲間の犠牲によって敵の本拠地からドラゴンスレイヤーを奪還したランディスだった・・・。



終章 伝説の彼方に
ランディスとゴートランド騎士団の犠牲により、ドラゴンスレイヤーを取り戻したアリオス。そしてドラゴンスレイヤーは破壊神ルーゴンの力に引き寄せられるようにして再び覚醒した。
ルーゴン復活の野望の犠牲となって死んでいったランディスやマーカストのため、世界を救うために、アリオスは再びドラゴンスレイヤーを手に、ピュラー、リュコス、メルティナと共にルーゴンの居城がある『終末の玉座』へと乗り込む。アリオスの最後の戦いが始まろうとしていた・・・。



エンディングはこちら











※このページで使用している画像の著作権はすべて日本ファルコム株式会社に属します。
※当サイトの画像の無断転載・配布は禁止です。