×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

風の伝説ザナドゥ用語集

※ネタバレありますので要注意〜!

TOP / あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行


ら行

・ラザンの港町 -風ザナUの一章と三章に登場する町。古い歴史があり大昔には有名な豪族が治めていた由緒ある都だったらしい。

-太古の都市の上に建造された港町で、地下には当時の町並みが残されたままである。

-リュコスはこの町に住むメルティナに助けられ介抱されている。


・ラズダブイル -風ザナU序章のボス。ガーゴイルのような外観を持った使い魔的な存在のモンスター。

-モンスターたちの使い魔的存在で、空中を自在に飛び回って攻撃してくる。2匹1組で行動することが多く、危機になると相方を呼ぶ習性がある。水中でも活動できるようである。


・ラパンの宿場 風ザナT二章に登場する。スーリの宿場の対岸にある村。


・ラマバードの都 風ザナT九章に登場するエレミア国の町。アリオスたちはここでかげろうの町の手がかりを探すことになる。


・ランディス -風ザナUに登場。ラザンの港町に流れ着いたアリオスを助けた謎の騎士。通称“黒騎士ランディス”。その後も度々アリオスの前に現れ、三章からは仲間に加わる。

-正体はミレーナの町を守っていた『ゴートランド騎士団』の『黒騎士団』の隊長。暗黒の島の軍勢によってミレーナの町が壊滅した後、7つの魂を見つけ処分するために探索していた。
アリオスに手を貸して欲しいという不思議な夢を見た直後、それに導かれるようにリュコスやアリオスを助けた。

-五章でアリオスと離れて、リュコスが回復するまでの間敵の動きを封じるために『ゴートランド騎士団』の生き残りの仲間と共に暗黒の島へ渡り、アーグの本拠地に侵入。仲間の犠牲により生き残ったランディスは傷を負いながらも、アリオスにドラゴンスレイヤーを届けるが、その直後アーグに殺されてしまう。

-きっかけは、ランディスの助力が欲しいと、アリオスと名乗る男に手を貸してくれと頼んで消えていったイシュタルの夢を見たことだった(多分出てきたのはソフィア様ではなくイシュタル。イシュタルはソフィア様の姿を借りて、ランディスの夢の中に来臨したと思われる)。

-寝るときも鎧と兜をつけている。

-武人のたしなみで花言葉にも詳しい(本人談)。


・ランバーファーゴニル 風ザナU四章のボス。かつてアシュナール北方の民が騎乗して用いた獣。人によく慣れ、飛竜と並ぶ軍隊獣として知られているが、現在は数が減少し、その姿を見ることは稀である。


・リアラ -風ザナT九章と十章に登場する。九章でリュコスがどこかでナンパして?行動を共にしていた織物商人の女性。かげろうの町にあるというすごい織物を手に入れるためにアリオスたちと同行する。

-正体はジードの部下で蜘蛛のモンスター。九章でイブン・ハッサーシを襲いエメラルドの胸当てを奪った張本人。ジードの命令でアリオスに近づき、彼の裾に魔法の糸をつけてかげろうの町へモンスターたちを侵入させる手引きをした。ジードを愛している。

-リアラのジードへの愛は本物だったが、ジードがリアラを本当に愛していたのか、ただ利用していただけだったのかは不明。


・竜騎士団 ゴートランド騎士団の一つ。


・リュコス -風ザナTでは一章から、Uではプロローグから登場(本格的に仲間に加わるのは一章から)。

-勝手気ままな生き方を楽しんでいる大泥棒。しかし、根は男気のある頼れる性格。アリオスにとって最初に仲間になってくれる人物である。

-風ザナUでは新大陸アシュナールを冒険中にハンガー・ソウルを貰ったことがきっかけで、船がモンスターに襲われて遭難。ラザンの港町に流れ着き、海に漂っているところをランディスに海から砂浜に引き上げられた。その後倒れているところをメルティナに見つけられ、水竜亭で養生していた。アリオスとの再会後、再び彼と行動を共にする。

-メルティナとは相思相愛。破壊神を倒した後、アリオスの頼みでアシュナールに残った。スタッフロールでメルティナとの間に子供をもうけて幸せそうな姿が見られる。

-女性好きだが、メルティナに出会ってからは彼女一筋を貫く。

-最初は“全世界の若い美女の恋人”と称していたが、メルティナと出会ってからは“全世界の若い美女の憧れの的”に変更(ゲームCD収録のミニドラマより)。


・リュミナ -風ザナUのプロローグに登場するダイモスの妹。王都で宰相をしているヌースの身の回りの世話をしている少女。ヌースを慕っている。

-兄ダイモスの存在を気にしつつも、ヌースとリュミナの愛は現在進行形(CDドラマ リュミナの誕生日より)。


・リリア -ファルコムの代表作の一つ「イースU」に登場する少女。ファルコムの看板娘にして、伝説のファルコムヒロイン。彼女がオープニングで見せた振り向きシーンと笑顔は当時大勢のファンのハートをわしづかみにした。

-「イース」の主人公アドルがイースに転送されて気絶していたところを助けてくれた女の子。健気で芯の強い病弱少女。本人は知らないが重い病を患い、余命いくばくもなかったが、アドルによって救われた。アドルを慕う。

-風ザナのオープニングでソフィア様が見せた振り向きシーンと笑顔はまさにリリアの振り向きを継承したものと思われる。


・ルーゴン -通称“破壊神ルーゴン”。イシュタルと共に先駆者と呼ばれる創造主によって生み出された存在。太古の昔イシュタルに戦いを挑み、敗れた。

-かつてイシュタルとの戦いに敗れて地上に堕ちるとき、その魂を7つの宝石・・・俗に言う『7つの魂』にして残した。Uではこの『7つの魂』を巡り、様々な争いが起こった。

-ルーゴンが何故イシュタルに戦いを仕掛けたのかに関しては、結局明かされることのないまま、風ザナUは完結した。


・ルーシア 風ザナT四章に登場。東アイマ村の花売り娘。


・ルートル川 風ザナT二章に登場するスーリの宿場に流れている川。この川が増水して橋が流されてしまい、対岸に渡れなくなったことが発端で、アリオスは面倒なお役所仕事に奔走することになる。


・ルチア -風ザナT二章に登場。スーリの宿場にある旅館の女将。バートに賄賂を渡して橋の工事を遅らせた張本人。

-フラグ立てに苦しめられた大勢のプレイヤーがバートともどもボコボコにしてやりたいと思ったであろう人物。


・ルトガー 風ザナU二章に登場。ノールゥトの森にあるハウアー神殿の管理人をしている老人。最近になって神殿のまわりにモンスターがはびこるようになり、ルトガーの住む小屋にまで出る有様のため、ハウアー神殿の地下に避難していた。


・ルビーのクラスプ  シェリルの落し物その2。小さな宝石の止め金。


・ルフィ  -風ザナT序章に登場。貴族の娘。アリオスに助けられた後、『こんなことしかできないの』と内緒で100ジェムをくれたり、『王都に戻ったらサン・ボヌール伯爵に口をきいてあげる』、『みんながひどいこと言っても気にしないでね』とアリオスを気遣ったりしてくれる、割と良い娘。

-『あたしだけはあなたのファンですからね。』(本人談)。

-五章にも登場。イリナと共に王都から逃げてきて貴族の山荘にいる。


・レアメルド号 風ザナU序章に登場。リュコスが遭難した際乗っていた船。今ではすっかり朽ちてしまい、船内はモンスターの巣窟と化している。


・レイミア CDドラマ風の伝説ザナドゥUに登場するキャラクター。邪竜ダルダンティスがその肉体の一部から作り出したといわれるモンスター。通称“狂気の魔女”。


・レオナルド 風ザナT三章に登場。ビスキオ村の村人でチコとチッタの父親。チコがさらわれた際はボラース氷洞まで助けに行くなど、かなりの熱血パパ。


・レオン -風ザナT二章に登場。マクリア国の王子。王様と喧嘩して城出(家出)したエレーニに連れられて、同じく城出中、グリコス港で暴漢に追われていたところをアリオスに助けられた。その後ゼナ将軍に保護されるものの、マクリア城に戻る途中モンスターに襲われ、さらわれてしまうが、アリオスによって救出された。

-やんちゃだが、心の優しい王子。


・レグナス 別名『暗黒の島』。レグナスには終末の玉座と呼ばれる縦穴があり、その縦穴の底にルーゴンの城が建っている。


・ロミナ -風ザナU四章に登場。エクトラの町に住む小さな女の子で、ある老人の孫娘。方向オンチが多くてすぐに迷子になる。

-ピュラーの小さい頃に似ているらしい。


・レミニドラーゴ 風ザナT七章のボス。ジードの部下。


・ローランディア号 風ザナUに登場。アリオスたちが乗る帆船。



TOP / あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行


TOPページへ戻る